持つ人の家族や親類に支払の催促

自己破産の申告を行っても公的な機関などから近親者に事実関係の報告などがなされることはあり得ません。おせち岩元 匠

ですから、家庭に秘密が明らかになってしまわないように破産の申告ができる可能性もあります。ライザップ 熊本 入会

ただ現実を見ると、自己破産手続きを行うときに役所などから同居中の両親や兄弟などの所得を証する書面や銀行の預金通帳の複写物等といった資料の提供を有無をいわさず要求されることがありますし借入先から家族へ通知が来ることもままありますので家族や親族に知れ渡らないように自己破産が実行することが可能だという100%の保証はまずないといえます。税理士変更 大阪 

家庭に知らせずにしておいてあとで気付かれてしまうこと比較すれば最初から嘘偽り無しに本当のことを打ち明けて家族全員の協力を得て自己破産の申立てを克服する方が無難といえるでしょう。チェックスカート タイト

一方、住む場所の異なる家族であれば、自己破産というものを行ったのが気付かれてしまうことはほとんど不安に思う必要はないと理解して間違いありません。

夫/妻の賠償義務をなくすことを目的として別れることを計画する早まった夫婦もいるとのことですが、実際はたとえ夫婦同士であるとしても基本的には自らが連帯保証の名義人になってしまっていない限りにおいて法的な強制力は発生しません。

ただ書類上の(連帯)保証人という立場になっている場合は別れることをしても保証人という立場上の責任に関しては引き続き本人が負わなければいけないので法律上の支払い義務があります。

したがって離婚届の提出をしただけでお金の法的な支払い義務が帳消しになるということはあり得ないのです。

さらには、よく債権をもつ取引先が借金を持つ人の家族や親類に支払の催促を行ってしまうようなケースもありますが保証人または連帯保証人という立場になっていないのであれば親と子の間あるいは兄弟という類いの親族間の借金などについて近親者に支払義務はありません。

それ以前に、貸し主が支払義務を負っていない家庭の人になどに対して催促をすることは貸金業の規制法における行政府の運営基準の中で禁じられているため支払の請求の仕方によっては貸金業規制法の取立ての規則にたがうこともあります。

なので、法的な支払い義務を負っていないにも関わらず借金を持つ人の家族が支払いの請求を受けたというならば債権を持つ会社に支払の催促をやめるよう警告する内容証明の書類を出すのがいいでしょう。

よく、破産申請者のことがかわいそうだからと思ってしまったために他の近親者がお金を代理となって返済するような話もありますが本人が幸運に自立心を無くしていつまでたっても多額の借金を引き起こしてしまうことがよくあります。

したがって債務者本人の立場で考えれば非情かもしれませんが債務者本人の手によって未返済金などの債務を返させるか、それが無理であれば自己破産手続を行わせる方が借金を持つ本人人生には良いと思います。

Link

Copyright © 1996 www.hyrulerealm.net All Rights Reserved.