活用して「過失割合」

自動車の事故に巻き込まれた場面で己が車の事故の被害者であるにもかかわらず先方が過ちを少しも認めないという事例は数多く聞くことがあります。

一例として、意識的に起こしたかったのではなく少し他のことに気がいったことで乗用車を激突した場合などにそうした言い争いにうつってしまう場合があります。

だからと言ってその場所で車のみの事故処理され、何ヶ月か後に後遺症が現れた際に、通院した病院の診断書類を提出するのでは後手後手に回る感は仕方がなくなってしまいます。

では車の事故の過失割合はどんな風な基準が設定されているのでしょうか?細かく説明しますと警察署が結論付けるのは、車の事故の責任が存在するのは関係したドライバーのどちらかということであって「過失割合」ということではないのです。

さらに、明確にされた過失が認められた人が警察からはっきりする事はという事は有り得ないです。

従って、過失割合は事故当事者の話し合いによって決定されその結果が事故の賠償の基準と判断されます。

この時、互いが任意の保険に加入していない場合には、双方がじかに相談をせざるを得ません。

しかし、当然の事ながらそういう方法では、冷静さを失ったやり合いになる時があります。

その上、お互いの主張に差があれば万一の場合、裁判に突入しますが、時間とコストかなり大きな無駄となります。

それにより多くの場合、それぞれの当事者に付く自動車保険会社、こういった互いの自動車の保険屋さんに交渉を頼む方法を使って、正しいどちらに何割過失があるのかを客観的に決定させるのです。

その時には、保険会社は、以前の事故の裁判が行われ、出た結論から決定した基準、判断例等を土台として仮定と協議を活用して「過失割合」を導き出します。

とは言っても自動車事故の際には、巻き込まれたのか他者を巻き込んでしまったのかには関係なく最初に110番するのが原則です。

その後で、自動車保険会社に連絡して、この先の協議を委任するのが手順になります。

正確な仕組みさえ知っていれば、双方の堂々めぐりの議論への展開を回避できるに違いないのです。

Link

Copyright © 1996 www.hyrulerealm.net All Rights Reserved.