円高になった分

どこにでもある初心者向けのFX投資の雑誌では、「損が生まれた時にはナンピン買いをすることで、ポジション全体の買い付けコストを抑える事ができる」などと記述されているが実際にはそれにはかなり大きな落とし穴が待ち受けています。コンブチャクレンズ 売っている 店

最初に、ナンピン買いのロジックに関してとても簡単に記述します。マリアンナ化粧品

仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。浮気調査の分割払いできる探偵

ドル買いですからドル高になれば儲けが大きくなるわけですが反対に95円まで円高・ドル安に推移したとします。ケノン脱毛効果なし?Vライン処理の感想暴露!【体験3カ月の本音】

その場合ポジションを所有し続けたら、マイナスをなくすためには、円高になった分、円安ドル高に動かなければなりません。湯上りカラダ美人

みんな、マイナスは出来るだけ早く無くしたいと考えます。ラバ 渋谷クロスタワー 体験レッスン

この状況を打破するためはじめに売り買いしたのと同じ分の$を、95円で買います。

それによって、ポジションの平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

言い換えると、半分の幅で円安に進めば、損を回復できる。

それが、ナンピン買いの理屈です。

ナンピン買いのロジックを目にすると「もっともだ」という気分になるが為替はそう容易には思うようにはいきません。

だいたい、1ドル95円が底値だということなど、誰一人として予想できません。

もし、為替が円高の流れだとすると95円ではとどまらず、さらに一層ドル安が進む確率があります。

ひとつの例として、97円50銭でナンピン買いをしたとしても、1ドル95円まで円高になったとしたらナンピン買いをした分についても、赤字が生まれてしまいます。

こういう状況では初めに取引したドルと全部で損失が生じます。

このように、ナンピンは難しいのだ。

それでは、外国為替市場が自身のストーリー展開とは反対の方向に素早く進む場合、どういった手法でリスクを避ければいいのでしょうか。

ここで取るべき対策は2つあります。

まずひとつめは覚悟を決めて、損失を確定する事です。

別の方法としては、今、自分か所有している買いポジションを少なくして、為替がリカバリするのをひたすら待つことだ。

相当消極的な方法だとおっしゃる方もいるkもしれません。

しかし、ポジションに差損が生じた場合妥当なやり方はこれよりいいものはないです。

無論、ロジックのうえでは、ナンピン買いを入れるという対策もあるように思える。

しかしながらナンピンは自分が損失を披っているのにポジションを縮小するどころか、反対に買いポジションを増やしていく対策です。

この手法では、危険性を管理することなどとても可能ではない察するべきです。

ナンピンをし続けられればいつかは損失が回復するかもしれません。

だが、その前にお金は足りなくなってしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.hyrulerealm.net All Rights Reserved.